〔蔵前〕菓子屋シノノメと喫茶半月 つい顔がほころぶやさしいお菓子

想いを込めた手土産を用意するとき、自宅でほっとひとやすみしたいときには、浅草の隣町蔵前にある菓子屋シノノメに立ち寄り焼き菓子を購入します。ゆったりしたい時には2階の喫茶半月へも。

何度も足を運んでいるお店のとっておきのお菓子を紹介します。

菓子屋シノノメのスコーンと朝食を

この日お持ち帰りしたのは3つのスコーン。

上からチョコレート。オレンジピールとクランベリー。プレーン。バランスのとれたセレクトにしてみました。スコーンは1つあたり300円ほどです。

生地はややしっとりで、トースターであたためるとふわっと小麦が香ります。あたたかい紅茶と合わせてほっこり至福の時間です。

菓子屋シノノメの焼き菓子はどれを選んでも素材の味を生かしたやさしい味。ぱくっと口にふくめれば、その美味しさについ顔がほころんでしまいます。

他にもお気に入りはピーカンナッツのメープルデニッシュとマカダミアナッツのキャラメリゼ。最近はメニューの入れ替えなのか見ないけれどまた味わいたいな。

喫茶半月で素材の美味しさがつまった洋菓子とひとやすみ

菓子屋シノノメの2階には喫茶半月があります。グレー基調の開放感のある空間がお気に入り。

喫茶半月ではおいしいスイーツとドリンクと共にゆったりと贅沢な時間が味わえます。隣とのテーブル間が広いのもいい。

1番人気なのはシュークリーム。夕方には売り切れてしまうことも多いようです。この日はオレンジとレモンのシュークリームを頂きました。

ふわっと軽いシューの間にはピールの入ったオレンジのクリームがたっぷり。その下にはレモンの酸味が引き立つなめらかなクリームが入ります。オレンジとレモンの爽やかな美味しさがなんとも贅沢なお味です。

他にはレアチーズケーキがお気に入り。なめらかで濃厚かつ後味がすっきりな味わいはコーヒーや紅茶にもぴったりです。

営業時間とお店のこと

2019年6月現在、菓子屋シノノメは定休水曜日。営業時間は12:00から18:30、テイクアウト専門店です。

2019年6月現在、喫茶半月は定休火曜日。営業時間は同じく12:00から18:30、イートイン専門店です。

とても人気のお店で14:00から16:00は混む傾向があります。ゆっくりしたい方は平日もしくは12:00から14:00の来店がおすすめです。お菓子も欠品なく選べると思います。

ちなみにおすすめの過ごし方は平日の早い時間に店員さんのお話を聞きながら、菓子屋シノノメの焼き菓子を購入すること。

やわらかい雰囲気の店員さんがあれこれと教えてくださるので、じっくりお菓子を選ぶことができます。

お店の商品や詳細はInstagramでお知らせされているので、ぜひチェックしてみてください。写真がとても美しいです。

▽菓子屋シノノメのInstagramはこちらから

https://www.instagram.com/kashiya_shinonome/
▽喫茶半月のInstagramはこちらから
https://www.instagram.com/hangetsu_kuramae/

あの人の手土産に、自分へのご褒美に。

菓子屋シノノメの焼き菓子はおしゃれでシンプルな見た目はさることながら、素材の美味しさが引き立ったやさしい味が魅力です。ちょっとしたギフトでお渡しすると、とても喜んでもらえます。

また喫茶半月ではそんな菓子屋シノノメの焼き菓子と同じ場所で生まれたこだわりの洋菓子をゆったりした空間で味わえます。気になるあの人とのカフェタイムに、自分へのご褒美にぴったりです。

ぜひ1度足を運んでみてください。きっとまた行きたくなる、そんなお店です。